ELD INTERIOR PRODUCTS イールドインテリアプロダクツ|岡山県岡山市北区横井上

SHOP BLOG

山陽新聞に掲載されました!

本日、5月31日付けの山陽新聞へ先日竣工を迎えました[アール・ケア/Hurvise Hills] が掲載されました。

岡山県南部を中心に介護事業を展開されるアールケア様の事務所・カフェのデザイン・施工にこの度、携わらせていただきました。

明日6月1日、いよいよOPENとなります。

是非、ご一読くださませ。

細かい内装写真もこちらからぜひご覧ください。

 

カヤノ

 

 

 


土と植物とポット

 

植物がぐんぐん成長する時期。

先日入荷した植物たちの植え替えをおこないましたー!

 

 

植物の形や、大きさからポットをどれにしようか決めるのも楽しいですよね。

 

 

たくさんのアガペも鉢の形にによって雰囲気変わりました。

 

中でも人気な鉢は、ラスティックなテイストの素焼き鉢です。

花、ハーブ、植物などにも似合う素朴さが人気です。

 

また、時間が経つと鉢に苔がでてくるモスポットもあります。

植物の生育や時間とともにより味わいが増してゆくのも楽しみの1つですね。

 

 

 


6.21 ハチガハナ POPUPSHOP イベントのお知らせ

ELDにて取扱いしているブランド「THE SUPEROR LABOR」。

その兄弟ブランド「ハチガハナ」の一日限定ポップアップショップを

開催することが決定しました!

 

 

 

 

 

 

イベントでは、取扱店を多く持たない「ハチガハナ」の希少なグッズのほか、

「THE SUPERIOR LABOR」の定番バッグやELDとのコラボ商品「BEACH CHAIR」の販売、

nap職人によるワークショップ、限定ドリンク&吉田牧場のチーズといった軽食もお楽しみいただけます♪

 

 

 

 

 

 

《WORK SHOP》

今回は、「THE SUPERIOR LABOR」のバッグと同様の素材(革)を使用した

トレイと三角コインケースの2種類!

 

 

 

予約・問合せはELDまでお願いいたします。

当日の飛び入り参加もOKですよ♪

 

 

日時:6月21日(日) 11:00-17:00

会場:ELD INTERIOR PRODUCTS テラス

※入場自由、雨天決行

 

お問い合わせ先:

TEL: 086-259-1050 FAX: 086-259-1051

Email: info@yield.jp

 

 

与田


カフェスタッフ募集のお知らせ

この度、ELD内併設のカフェ「TOWER COFFEE」では、

一緒に働いてくれるスタッフを募集します。

 

「食」を通して人々とつながりを大切にしたい方、おもてなしの心をお持ちの方、

一緒にがんばってくれる方のご応募をお待ちしています。

 

————————————————————————————————–

《募集内容》

カフェスタッフ アルバイト

 

《条  件》

飲食店での勤務経験者

接客経験者

土・日、祝日勤務可能な方

※勤務時間は応相談

 

《給  与》

年齢やスキルなどを考慮し、決定させていただきます

 

《応募方法》

履歴書を下記宛先まで郵送、もしくはカフェまでお持ちください。

書類選考の上、面接をさせていただく方にご連絡をさせていただきます。

※ご応募いただいた履歴書は返却いたしませんので、ご了承くださいませ。

 

《宛  先》

〒701-1145 岡山市北区横井上20-3 TOWER COFFEE宛

 

 

 

 

 

 

 

与田


空間に溶け込むディフューザー

新しいディフューザーが入荷しました。

「LINALI(リナーリ)」

 

 

シンプルで洗練されたデザイン。

極めて贅沢で上質な香料から丁寧に創り出される香りです。

ドイツのレイナー・ディエシェによるプロデュースされた4種類が入荷しました。

 

レイナーはもともと建築も学んでいたので、香りからプロダクトデザインの全てを手がけています。

そこまでこだわるのは「ルームフレグランスはインテリアとしてのデザイン性もとても重要」という思いから。

 

高級ルームの世界的パイオニアとして、40カ国以上で展開されています。

 

 

お好みでウッドスティックによって香りの量を調整してください。

 

そして、以前から人気のAPOTHEKE(アポテーケ)シリーズでも、ディフューザーを置いております。

 

 

こちらは国内の千葉市内にある自社工場で、商品の調合、生産、パッケージ等までのすべての制作作業をされています。

 

共通していえるのが、香りからボトルまで全てにおいてこだわったデザイン。

どちらも、よりシンプルで洗練されているので、

インテリアに溶け込みやすく、こだわりのある香りが広がりますよ♪

 

アポテーケディフューザーの開け方はこちらをご参考下さい。

 


BACKNUMBER

ログイン

1 / 3123

TOP