ELD INTERIOR PRODUCTS イールドインテリアプロダクツ|岡山県岡山市北区横井上

SHOP BLOG

GABBEH

ペルシャ語で「粗い」「毛足の長い」という意味を持つギャッベ。

イランの遊牧民族カシュガイ族(イラン南西部シラーズ近郊にて生活)の手織り絨毯は

遊牧民族の生活必需品です。

女性たちが、周りの風景や彼らの財産である羊などの動物を見ながら、自由に想像し

草木染で織っているので素敵な風合いがあります。また、イラストにはそれぞれ子孫繁栄

などの意味合いも込められています。

遊牧民にとってギャッベは床と同じで年中下に敷き詰め、暑い日中でもギャッベの上で昼寝を

したりしているのは、ギャッベ自体が熱を持たずに夏でもサラリとした感触だからです。

夏は涼しく、冬は暖かいのが特徴です。

一般的に10cmの横糸に約1目結んであるものを ギャッベ とよびます。目が細かくなるほどに

グレードが高くなります。

現在は世界中からの需要を満たすために昔ながらの手織りではあるものの、工場で受注生産をして

規格をそろえて作っているところも少なくないようです。

ELDは直接買い付けの為全て1点モノ。気になる方はお早めに・・・! (約40×40) 

 

むしむしした湿気もなんのその、カメラに興味深々のCちゃん、やんちゃな笑顔がかわいぃです!

サッカー好きの父さんと遊ぶ用にフットサルボールを買いにきてくれました♪ またきてね♪


革小物教室 

6/26 第一回目となる 横田製靴 革小物教室 が無事終了いたしました!

素材に拘る横田製靴・横田せんせいの第一声は「えぇぇぇ~蝋引き糸なんょ~コレッ!むちゃえぇんょ」。

と、素材についての熱い思いとともにのんびりと始まった「コインケース教室」。

それぞれ選び抜かれた素材は長く使えば使うほどに良い味となり、愛着あるものとなります。自分

で作ったものなら尚のことです。

見た目以上に作業工程の多い革小物。テーブルごとに協力し、教えあって、和気藹々と

みなさんとても楽しそうでした。その横で横田せんせいは行ったり、来たり、時に後ろ走りで

駆けつけたりとヒッパリダコ。2時間があっという間に過ぎてゆきました。

早速ですが!! 次回 革小物教室 は「ブレスレット / 7月31日」に決定いたしました。

どんなブレスレットでもOKな、かなり自由なスタイルで開催予定です。明細はおってオシラセ

いたします。 みなさまお楽しみにっ!!

 

今回の作品はコチラ ↓  雨の中、ご来店いただき本当にありがとうございました!

また予定が合わずお断りをした方々、革小物に興味のある方々、次回教室もみなさまの

ご来店お待ちしております! 


ぞくぞくと・・・。

あれやこれやと商品が届いております。

まずは、お待たせをしておりました「葉香製茶のほうじ番茶」。

カフェインが少ないので赤ちゃんや、就寝前でもおすすめです。二煎、三煎まで

がぶがぶお楽しみいただけます。おいしくいただくポイントは 2.3分煮出す です。

そして、「中川政七商店のふきん」。

蚊帳生地のふきんは吸収性と速乾性に優れ、洗うと汚れがすばやく落ちます。

ギフトにも大変よろこばれるアイテムです。

最後は、「ワイナリーバスケット」。

上からみるとしずく型をしたバスケットは見せる収納としてとっても便利。

持ち手無しの小さなサイズもあります。

 

 

今夜は待ちに待った 横田製靴の革小物教室 です。今からそゎそゎと楽しみにしております・・・♪


教室のオシラセ。

横田製靴 × ELD

6月26日(土)

19:30~ (2時間くらい)

¥4.500 (材料費・お茶 付)

いつもお世話になっている靴の制作を行う横田製靴さん。

今回の教室はコインケースです。

小物作りを通して手縫いの楽しさを体験していただければと思います。

 

注)人数制限がありますので気になる方、お気軽にご連絡いただければと

思います。   

ELD奉還町   

http://www.yield.jp/index.html

横田製靴

http://www.yokota-seika.jp/contact/


jabez cliff

1793年にイギリスで創業した「ジャベツ クリフ」。もともとは馬具商であった父の後を引き継いで

クリフ氏が、工房を構えたのが始まりといわれています。

馬の鞍を留めるために用いられるサドルレザーを使用したレザーベルトです。厚さ5mmの上に

パラフィン加工しているのでかなり丈夫で長持ちします。

5つの穴に番号が押してあるのも当時の馬具のサイズ調整の名残だそうです。

バックルは真鍮のアンティーク加工。

シンプルでボトムを選びません。

馴染むまでゆっくり育てていただきたい、男前な1本はいかがでしょうか。


BACKNUMBER

ログイン

1 / 212

TOP